ホーム > 英語 > 英語と日本語は別の言語です

英語と日本語は別の言語です

「英語と日本語は別の言語です」

こう言ってしまうと、「いや、それは当たり前でしょ」と言われてしまいそうですが、
実は、真の意味でこれがわかっていない人は多いのです。先ほど

Hisbeardmakeshimlookolder.

という英文で、「日本語ではこのようにモノを主語にすることは少ない」とお話ししました。

「英語にはあるけど、日本語にはない表現」というものは一杯あります。
そして、逆に、
「日本語にはあるけど、英語にはない表現」というものも一杯あります。
別の言語なのですから、「英語を日本語に直訳したら、変な日本語になった」、
「日本語を英語に直訳したら、変な英語になった」というのはよくある話なのです。
別の言語ですから、必ずしも1対1で対応しているわけではないのです。

ただ、残念ながらこれをわかっていない人が多く、
これが英語学習の障害となっているケースが多々見受けられます。
特に初心者の方に多いのが、「英文法学習の際に、日本語の考え方を適用してしまう」という例。