ホーム > フラワー > ブリザードフラワーのあれこれ...取扱い時の注意点とは?

ブリザードフラワーのあれこれ...取扱い時の注意点とは?

最近ではすっかり定着したブリザードフラワー(プリザーブドフラワー)ですが、やはり知らない人からしたら一体この花はなんだろうという事で困ってしまう様です。

 

大体ブリザードフラワーはケースや容器に入った状態で扱われます。

 

 

ですから、そのまま飾って長期保存する事が可能です。

 

こういうものなのですが、知らずに水をやったりしたほうが良いのかな?出して水につけた方が良いのかななどと考える人もいる様ですが、水をやってしまうと逆に傷んでしまいますから、なるべく湿気の少ない場所に保管するようにしましょう。

 

 

また、プリザであれば、プレゼントされた際に取扱い注意のメモが入っている事もあります。

 

 

そうしたものを読めば水をやらなくても良いという事や、保管に適した場所などを知る事が出来ますから、読んでみると良いと思います。

 

 

 

 

プリザはこうしたものですから、普通の花と一緒に飾ったりはしない方が良いです。

 

元々本物の花を使っていますし、見た目は本物の花とそっくりです。

 

 

ですから、間違えて水をやってしまう事もあると思います。

 

 

 

そうしてしまうと、プリザは傷んでしまいますから注意が必要です。

 

 

 

また、プリザは一体何なのかという事が気になるかもしれませんが、プリザは生花を特殊な溶液につけて脱色して色を付けて傷まない特殊加工が施された花になります。

 

 

元は普通の花ですから、花と見分けはつきませんし、着色してますから、自然界には無い変わった色の花を作り出す事も可能です。

 

 

こうした保存された花ですから水やりはしなくても良いという事になります。

 

 

分かりやすく言うと、ドライフラワーの水分を保った状態で保管出来るというものです。

 

 

保管期間に関しては、場所にもよりますが一般的には3年以上持つと言われていますし、色あせなんかを気にしなければずっと置いて置くことも可能です。

 

 

保管はほこりが掛からない様な場所が最適で、ガラスケースの中に入れて湿気の来ない場所においておくと長く良い状態で鑑賞可能です。

 

 

 

 

近年は、生花よりももちが良いという事でプレゼントなどで良く使われています。

 

結婚式に使う花も生花では無くプリザを選ぶという事も普通に出来る様になって来ています。

 

 

病室に飾る花もプリザが選ばれる事も多くなって来ています。

 

 

生花禁止の病院では大変好まれています。

 

 

花の世話が出来ない男性なんかにプレゼントする際にも重宝されています。

 

 

こうした理由から、プリザは大人気ですから、今後も需要が伸びて行くと思います。

 

 

気になる方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

ネットならブリザードフラワー激安通販ショップが沢山ありますからチェックしてみてはいかがでしょうか。